ROOTの演習

目標

内容

スライド: 201404-RootTutorial.pdf201404-RootTutorial.pdf

第1回

関数、グラフを描画する。 RootTutorial1, RootTutorial2を元にTF1、TGraph、TH1クラスを使用方法に慣れる。

準備

サーバーにログインした後、以下の作業をして最新のコードのダウンロードと環境設定を行う。これは、ログインする度に行う。

cd ~/<自分のディレクトリ>/Tutorials; # <自分のディレクトリ>の部分は適切なディレクトリ名に置き換える
source ./TutorialSetup/setup.sh
start_ssh_agent
ssh-add
svn update

ROOTの使い方(基本)

ターミナル上で

root

と入力すると、ターミナル上のプロンプト(コマンドを入力する時、行頭に表示される文字列)が

root [0]

等に変わる。この状態で、ROOTのクラスを全て利用できC++コードの入力を受け付ける環境が整っている。

第2回

準備

サーバーにログインした後、以下の作業をして最新のコードのダウンロードと環境設定を行う。これは、ログインする度に行う。

cd ~/<自分のディレクトリ>/Tutorials; # <自分のディレクトリ>の部分は適切なディレクトリ名に置き換える
source ./TutorialSetup/setup.sh
start_ssh_agent
ssh-add
svn update

内容

TTreeの使い方。MCシミュレーションデータの解析。RootTutorial4

マクロ

中身

pl_particles.C

MC粒子情報

pl_muons.C

ミューオン対の不変質量分布

cd RootTutorial4
make
cd ../work
ls -l

RootTutorial (last edited 2019-06-11 01:39:50 by TakanoriKono)